枠組みがあってそこに言葉を当てはめていく形で商品説明を考えたら、一品ごとに最初から考えずに済むのでやりやすそうです!一人で考えていると気が付かなくて助かります。

今、価格を付けている商品を、売値の計算式に当てはめたら「こんなに手間賃とってなかったのか…」とビックリしました。
かんがえているつもりでも、わかっていなかったことがわかり、しっかり考えるキッカケになりました。

<作品>
ラップブレスレット、マクラメアクセサリー

H.Yさま