【反応の違い】販促目的でTwitterとInstagramを比べてみた

SNSの傾向で、同じ投稿でもSNSによって反応が異なる

前回の続き。前の話はコチラから

ネット販売に欠かせないSNS。「どれを使うのが良いですか?」とよく質問を受けますが、「人あるいは売る物の相性です。」とお答えしています。

特徴
戦術
共通
反応の違い←今回
ショップへのアクセス

SNSの傾向で、同じ投稿でもSNSによって反応が異なります。

Twitterは、『今』に関連してアイテムを紹介する。
Instagramは、『写真』の見栄え優先でアイテムを投稿する。

ツイッターだと、
「今日は肌寒いですね。温かみがある方が恋しく感じられます。」のような、リアルとの流れで商品を提示すると、エンゲージメント(反応)が高くなります。

インスタグラムは、
とにかく写真。ただ、写真単体というよりは、アカウントとしての統一性やビジュアルがタップ数(写真に商品へのリンクが貼ってあります)に強い影響力があります。カタログ化することがポイント。

私の場合ですが、ツイッターの方がやりやすいです。文字だけでいいし、URLを貼れば写真も自動で表示されますしね。インスタはWebデザイナーとしてビジュアルにこだわっちゃう部分が出てくるので画像を用意するのが遅くなる…

同じ商品を投稿するにしても、SNSにより見せ方で反応が変わります。SNSに合う投稿にして配信しましょう。