【共通】販促目的でTwitterとInstagramを比べてみた

お客さまをフォロワーにする

前回の続き。前の話はコチラから

ネット販売に欠かせないSNS。「どれを使うのが良いですか?」とよく質問を受けますが、「人あるいは売る物の相性です。」とお答えしています。

特徴
戦術
共通←今回
反応の違い
ショップへのアクセス

前回の戦略でも軽く触れましたが、SNSの共通する部分は、自分の投稿は、自分のフォロワーさんにしか届かない。ということです。これは、TwitterとInstagramだけでなく、FacebookもBlogも同じ。

ですから、どのSNSもフォロワーを増やす。というのは基本行動です。

そして、フォロワーが自分の発信に興味を持ってくれる人でなければ意味がない。というのも同じです。仲間を集めてフォロワーという数を増やしても、イイネしあうだけで購入に繋がらないのは意味がありません。

お客さまをフォロワーにしなければいけないんです。

どんな人が、自分の投稿に興味をもって見てくれるだろう?それも購入につながるような興味を持つヒト。そして、どんな投稿なら、その人たちは強く興味を持ってくれるんだろう?

そういった考えを軸に、お客さまを想定し、アプローチを仕掛けていきます。

ツイッターは、フォローしに行く。フォローしあうのが気軽なので率先してフォローしやすい。せっかくなら投稿を見てイイネをしてあげると良いです。

インスタは、その人たちが使いそうなハッシュタグで探してイイネしに行く。投稿が気に入ればフォローする。という傾向が強いので、まずは投稿にイイネしてこちらの存在をアピールし、それを繰り返して反応を見てフォローするのがおススメです。

どちらも共通なのは、されたら嬉しい事をする。そして数ではなく質を重視です。