【特徴】販促目的でTwitterとInstagramを比べてみた

ツイッターはコト消費。インスタはモノ消費。

ネット販売に欠かせないSNS。「どれを使うのが良いですか?」とよく質問を受けますが、「人あるいは売る物の相性です。」とお答えしています。

そこで、実際に利用をして、どうしてその結論に至ったのか?をまとめます。(私自身の相性もありますので、そこを加味して参考にしてください。)

特徴←今回
戦術
共通
反応の違い
ショップへのアクセス

それぞれの特徴から相性を見ていきます。

Twitterはコト消費と相性がいい。
Instagramはモノ消費と相性がいい。

ツイッター
『今』に強いSNS。投稿がタイムラインで流れていくので、過去を振り返りにくいことが特徴です。
「今はこう」という投稿に対しての反応がいいことから、『今』と『紹介する物』とを上手く掛け合わせて140文字に収めて投稿をすると訴求効果が高まります。
『情報を得ること』がお客さまの入り口なので、写真のクオリティより、文章の内容の方が重視されるので、写真はそれなりに撮れていれば影響はない。

インスタグラム
『写真ありき』。写真を見てもらえることがきっかけで連鎖的に他の物も見てもらえるようになることが特徴です。
ネットは検索(言葉)なので、写真を見つけてもらうためのハッシュタグ(言葉)のチョイスで明暗が分かれる。写真から得られる視覚情報は強い訴求効果となります。
『キレイな写真を観たい』がお客さまの入口なので、写真がキレイじゃないと興味を持たれない。

この様な特徴から、ツイッターはコト消費に寄った内容を書いて物を紹介する。インスタは魅力的な写真で目を惹き、「この物が欲しい」というモノ消費を強く印象付ける。

SNSにはそれぞれの強みがあります。強みを活かして使い分けると効果が出てきます。