ライスワーク/ライクワーク/ライフワーク/ライトワークとハンドメイド

未分類

ハンドメイドで売れるようになりたい。収入を得たい。稼ぎたい。

ハンドメイド作品で売れるようになりたい人に向けた販売コンサルをしていて、体験ワークショップマンツーマンレッスンで多くの人の話を聞いてきましたが、売れる人がどうして売れるようになるのか。共通点がありました。製作販売をする『背景』のです。

自分で作った作品を出品し販売する理由は統一して同じですが、その背景は、それぞれ皆さん違います。どういう背景から、ハンドメイドの製作販売をしていくのか?で、売れる売り方が変わります。あなたの活動の元となる『背景』はどのステージになるでしょうか?

ライスワーク/ライクワーク/ライフワーク/ライトワーク ←今回
ライスワーク(RiceWork)としてのハンドメイド
ライクワーク(LikeWork)としてのハンドメイド
ライフワーク(LifeWork)としてのハンドメイド
ライトワーク(LightWork)としてのハンドメイド

働き方には4つの種類があり、

ライスワーク(RiceWork),ライクワーク(LikeWork),ライフワーク(LifeWork),ライトワーク(LightWork)となります。

ライスワーク(RiceWork)→ご飯を食べるための活動。
ライクワーク(LikeWork)→自分の好きなことや、やりたいことを仕事にする。
ライフワーク(LifeWork)→生涯にわたって追い求める。使命。生きがいを感じる。
ライトワーク(LightWork)→何かのために、自分ができることを提供する状態。

どのステージで『ハンドメイド製作販売をしていたいのか?』で、売り方や売れ方が変わります。ですから、自分のステージを正しく把握することが、理想通りのハンドメイド販売にするスタートラインとなります。

ところが、「こうなったらいいな。」「こうなりたいな。」という理想ばかりの曖昧な認識で、今の自分のステージとポジションが合わず、ズレた行動をするから売れないハンドメイドになる。

まず、 あなた が、どういう背景のもとハンドメイド製作販売活動をするのか?をハッキリさせ、居るべきステージを把握。そこと相性の良い活動の仕方で行動をすれば、思う通りの結果になります。

ちなみに、私が思うに、ハンドメイドの場合は、これら4つはそれぞれが『段階』。だから『ステージ』という言葉を使っているのですが、下図のような関係性で捉えています。

得意を活かした活動ができる。趣味からの流れが強い風潮。ものづくりという技術を追い求める思想。リクエストに応えたいという献身性。

ハンドメイドを仕事として製作販売を進めていくうちに、自分の理想に叶った活動ができるようになっていく。そのためにも、 あなた の活動の元となる背景とリンクする『ステージ』を自分自身がわからなくてはいけません。

タイトルとURLをコピーしました