【エピソード】「話を聞くと買っちゃう」リアル販売の秘訣をネット販売に活かす

未分類

売れるか?売れないか?の分かれ道は、モノの背景にある

前回の続き。前の話はコチラから

会話で自然に伝えてることで売れる決め手になることってどんな事だっけ?をまとめます。

こだわり
エピソード←今回
・使用感
・試着/着画
・人柄

ハンドメイドでの“あるある話”で「すごく大変だったのにわかってもらえない」。っていう不満。

「ここが苦労したんです」とか、「このパーツはビンテージ物で探すのが大変で…」とか、「こういう経緯があるんです」とか。そのモノの背景ってありますよね。

これを伝えられるかどうかが、売れるか?売れないか?の分かれ道です。

イベントだとお客さまとのおしゃべりの中で伝えられていたりします。だから「話を聞くとついつい買っちゃう」という購入のきっかけになるんですね。

今は物が溢れている時代です。なんだかんだとみんな持っています。物その物が欲しいというよりは、その物の背景に気持ちが触れて欲しくなり、買っちゃうんです。

そしてエピソードを伝えたい最大の理由は、価格の裏付けにもなり、付加価値にもなることです。あなたのエピソードはあなただけのモノ。自信をもって伝えましょう!

タイトルとURLをコピーしました