【こだわり】「話を聞くと買っちゃう」リアル販売の秘訣をネット販売に活かす

未分類

イベントなどで直接お客さまと対面すると売れるから、いざネット販売デビュー!

と思って始めたのに売れない。写真が悪い?価格がおかしい??もしかして作品に問題がある???

慣れない操作で試行錯誤しながら一生懸命出品したのに売れないと落ち込みますよね。

イベントなどのリアル販売と、デジタルなネット販売の大きな違いは伝え方です。

会話の中で自然に話している製作の拘りや作品の想いを、ネット上では文字にしてまとめて、あえてそこを売りにして伝えなければなりません。とたんに売り込んでいるみたいに感じてしまう。

会話で自然に伝えてることで売れる決め手になることってどんな事だっけ?をまとめます。

こだわり←今回
・エピソード
・使用感
・試着/着画
・人柄

やっぱり、ハンドメイド品を買う楽しみって、その物のデザインやクオリティと言った直接的なことだけでなく、作家さんのコダワリを知ること。こだわりの品を買えること。要は見ただけじゃわからない言ってくれなきゃわからない。間接的なことを知れること。にあります。

そんなお客さまの気持ちを汲んであげることが、購入につながっていきます。「知りたい」というニーズに応えてあげてください。

とはいえ、いざコダワリを書こう!と考えると何がコダワリかわからなくなってしまう。自分では当たり前なので、それがコダワリで合っているのか不安になってきちゃうんです。

イベントなどで直接お話をしていると、会話の中で自然に話していることなのにね。 でもね。あなたの心の中にあるだけでは誰も知りようがないことです。それが価値かどうかはお客さまが決めること。あなたではありません。怖がらず伝えてみちゃってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました