【何を使うと良いのか?】売れるハンドメイド販売にするSNSとの関わり方

未分類

それぞれのSNSの特徴を踏まえつつ、自分の使いやすさ、作品との相性、そしてお客さまの利用状況を鑑みよう。

SNS(Twitter,Blog,Facebook,Instagramなど)を使ったほうが良いのかどうか、いろんな意見がありますが私個人は「できるんならSNSを使って発信をした方が良いよ」というスタンスです。

なぜかというと、SNSはお客さまにとって答え合わせの場だからです。

答え合わせとはどういうことなのか?

“今”と言うリアルな様子を知ることは、お客さまにとって安心材料になるんです。
ちゃんと作っているのかな?イベントとか出ているのかな?他にどんな物を作っているのかな?素の様子とか分かるかな?など、
商品写真や作品紹介文に書かれている以外の事を知って、自分が納得したお買い物にしたいんです。

ハンドメイドのネット販売は個人売買の色が強いので作家の活動背景を知ることは購入の一押しとなるんですね。だからこそ、SNSを使うなら意味のある使い方で売れるハンドメイド販売にしてもらいたいのです。

今回は、売れるためのSNSとの関わり方と言う視点で以下のようにまとめてきます。

売れるハンドメイド販売にするSNSとの関わり方
なぜ使うのか?活動の立証(Why)
なぜ使うのか?信用の確立(Why)
誰のための発信なのか(Who)
何を使うと良いのか(What)←今回

「何のSNSを使うと良いの?」と言う問いに対しては、それぞれのSNSの特徴(特徴についてはコチラ→どのSNSが効果がある?ハンドメイドとの相性)を、あなたと、作品と…で考えてほしいのですが、
もう一つ、大切な要素があります。

それは、あなたのお客さまです。

前回の「誰のための発信なのか」では誰に向かっての投稿か?をメインにまとめましたが、今回はあなたのお客さまが一番使っていそうなSNSを使って発信する。と言うのを考えてほしいのです。

SNSはお客さまがあなたのことを知るための情報取得先。気にして定期的に見てもらいたい(ザイオンス効果)んです。
定期的に見てもらうには利用しているSNSが一番。利用していなくても見ることはできますが、だんだん離れていってしまう(忘れられちゃう)んですよね。

使ってみなければ、どのSNSがあなたと相性が良いかはわかりませんし、
使ってみなければ、 あなたのお客さまが居るかいないかもわかりません。

操作だけでなく使っている人の層を知るためにもまずは使ってみてくださいね。

それにね。始めたばかりの頃は悲しいくらいに誰も見ていませんので人の目を気にすることなく伸び伸びと投稿することができますよ。

タイトルとURLをコピーしました