【売れる?売れない?】ハンドメイドイベントで売れるか?売れないか?の決定的な差は〇〇にある

ハンドメイドイベントに参加する醍醐味は
お客さまと接することができることです。

自らの手で
自らのハンドメイド品の良さを伝えられて、
自らの手でお客さまにお届けできる。

自分のブースに興味を持ってくれたお客さまを
おもてなしする気持ちが無ければ
見ただけで終わっちゃって、そのまま忘れ去られてしまいます。

ですからコミュニケーションは必須です。

おしゃべりができるって大切なんです

ブースの後ろで気配を消している売り子さんって多いです。

『自分が買い物で話しかけられるのが苦手だから、話しかけない方がイイ。』

そういう理由を付けて、お客さまから話しかけられるのを待つ。

私の事?そう思う方もいると思いますが、
特にモデルがいるわけではなく、よくあるパターンです。

これ、一番やっちゃいけないパターンです。

気配まで消されてしまうと、逆にお客さまはどうすればいいかわからなくなっちゃいます。
不思議なもので、自由すぎるとどうしていいかわからなくなっちゃうんですね。
ですから、スタッフも含めて人が誰もいないブースと言うのは「見ていいのかな…?」そう思われて通過しちゃうんですよ。

せめて、気配を消すのはやめましょう。
そして、適度な距離を保つ。

「気になる物があったら声かけてくださいね。」

一言だけ、話しかけて、距離を置くだけでもお客さまは見やすくなります。

その一言を話しかけるのも緊張して…
その解決法はオンラインサロンでまとめます。