【SNS】売れないハンドメイド販売から卒業する。売るテクニック

ハンドメイドの販売をしても売れない。

ネット検索すると、そういう声がたくさんあります。

認識を違えてほしくないんですが
ハンドメイド品が売れないわけではありません。

売り方です。

そもそも、“売る”ということは
商業科と言う学科で専門的に学ぶくらいの事柄です。


買うことはあっても売ることに慣れていないんですから
そうやすやすと売れることはありません。

ですが、出品するからには売れるようになりたいですよね。

ネット出品で悩みがちな下記5つの項目についてまとめていきます。

作品紹介文
販売価格
作品写真
SNS
レビュー/感想

今回は『SNS』です。

あなたが作ったハンドメイドを
お客さまが知るチャンスとなるのが“SNS”です。

SNSで何を書くの?
どんなことを投稿するの?
やる意味あるの?

悩ましいところですが

SNSで投稿する意味は何でしょう?

“購入してもらうため。”
ですが、
ちょっと途中が抜けちゃってます。

購入は最終段階。

SNSを投稿する理由は、
購入の前段階。
“知ってもらうこと、訴求力、認知”です。

SNSから直接購入と言うルートもありますが、
取引途中から連絡が取れなくなった。
入金されない。
などのトラブルもあるのでお勧めはしません。

SNSの利用は、知られることの比重を大きくして、
何度も目にしてもらうことで興味を持ってもらい
信用を高め、
ショップで購入。

という流れがお客さまも自分も、安心/安全で望ましいです。

私が運営するオーナーズ・トレーニングクラブの合言葉
『知らない物は買えないから知られよう!』
にもありますが、
お客さまに知られなければ買われることはないんです。

ハンドメイド品を知ってもらえるよう
SNSを利用しましょう。

具体例や解決策はオンラインサロンで詳しくまとめています。
https://wp.me/p8cwke-14e