撮影の時間を短くしよう!

ハンドメイド品の撮影って時間がかかりますよね。

セットを用意したり、
ハンドメイド品が動いちゃったり、
ブレちゃったり、
腰が痛くなったり…

だぁーーーーーーー!
って叫びたくなります。

少しでも撮影にかかる時間が短くできたら助かりますよね。

加工の手間をいかに減らすか?

それがちょっとでも時間が短くなることです。

そもそも加工していいの?
と聞かれますが、
加工はしていいです。


ただし、実物との差が無い程度です。

加工は、お客さまに、
・失礼が無いようする。
・誤解が無いようにする。
・不快を与えないようにする。
そういったことが目的です。

ちょっと斜めになってしまっていたり、
小さすぎたりするのって
見にくいですよね。

そういったことを加工しないで済むように
撮影時に気を付けることが時短です。

タイトルとURLをコピーしました