お客さま評価が変わる梱包,ラッピング

プレーヤーとしてネット販売をしている私が、とにかく億劫でイヤな出品工程である配送。

何故イヤなのか?は、私の取り扱っている商品は品により大きさが異なってしまうので、どうしてもその品ごとに配送サービスを変えなければいけず、それがとにかく面倒くさい…

逆を言えば、だからこそ多岐にわたる配送方法を利用してきました。そのうえ、数をこなせばイヤでも増えてしまう(配送で皆さんが心配するであろう)トラブルもいろいろと経験してきました。

そんな経験を踏まえた配送についての諸々は、体験ワークショップは開催しておらず本講座レッスンだけですが、配送についてまとめられることをまとめていきますね。

今回は、梱包,ラッピングについて。

販売する側の負担とお客さまの感情のバランスが大事

配送に限らず、お買い物をすると袋に入れてくれます。包材を準備して、その包材で作品を包んでお客さまに送るって、お店っぽいですよね。

だからなのか、自分のショップのオリジナルを準備したがる傾向がありますが、初期の頃は既成品で十分です。自分だけの物を作るって楽しいですが、時間もお金もかかるので、そこで消費する時間とお金は、製作や販売に活かせることに使ってあげましょう。自分の販売スタイルが構築できると、製作面も金銭面も余裕ができるので、オリジナルを作る楽しみは取っておいた方が良いですよ。

と言う話は置いておいて、本題のお客さまの評価にもなるラッピング,梱包。先に述べたことが全く関係ない。わけではなく、ハンドメイドの方にありがちな傾向ですが、すごく盛盛で凝るか、あらかさまに取ってつけたような質素か、どちらかになりやすいんです。

趣味ではなく仕事として販売をするのであれば、盛り盛りに凝ったラッピングが運営にどのように影響するのか?情緒のかけらもない質素な梱包がどのような印象を受けるのか?その時だけの自己満足ではなく広い視野で考えたいですね。

お買い物をすることも、買った物を開ける時も、ワクワクする気持ちがあります。だからこそ、封を開けるその瞬間というのは感情が動きやすいので、感動も落胆もしやすい。
そういった心理を考慮して、
・配送で破損などの問題が起こらないカバーができ、
・受け取るお客さまが不快にならず気落ちしない。
・販売する側は運営面も手間も負担にならない心がけ。

3つの事に気を付けて、包材,ラッピングを考えましょう。

ワタシの販売スタイルを作る『配送』の決め方も学べる本講座Lesson

創業支援キャンペーン!

最初の1期(3ヶ月)を通常のお月謝よりプライスダウンして本講座を受講できるようになります。受講内容はクラブの本講座レッスンと変わりはありません。

本講座レッスンはコチラのリンクからご確認いただけます。

締切→2018年3月末日まで。

これまでのハンドメイドから新たなステップへと飛躍したい方。

この機会を逃さずチャンスを掴んでください☆