購入の決め手になる送料のカラクリ

プレーヤーとしてネット販売をしている私が、とにかく億劫でイヤな出品工程である配送。

何故イヤなのか?は、私の取り扱っている商品は品により大きさが異なってしまうので、どうしてもその品ごとに配送サービスを変えなければいけず、それがとにかく面倒くさい…

逆を言えば、だからこそ多岐にわたる配送方法を利用してきました。そのうえ、数をこなせばイヤでも増えてしまう(配送で皆さんが心配するであろう)トラブルもいろいろと経験してきました。

そんな経験を踏まえた配送についての諸々は、体験ワークショップは開催しておらず本講座レッスンだけですが、配送についてまとめられることをまとめていきますね。

今回は、送料について。

商売は変化球と言う名のカラクリも必要

送料を決める時に、まず決めかねるのは、送料を『込みにするか?別にするか?』。

どっちがいいか?について、先に答えを述べると『込み』です。

レジに行って送料が加算された合計金額を見て、購入を辞めちゃうお客さまってすごく多いんです。レジまで来て買われないって、メチャクチャ勿体ない!!

ですから、数字を変えないようにするために、『送料込み』であった方が良いです。

送料はサービスってこと?販売者(自分)が負担するの??

と、なんとなくアンニュイな気分になりますが、そこで必要となるのが数字のカラクリです。数字のカラクリ。ということは、一番わかりやすいのは売値に加算をする。ということです。

ただ単純に加算をしてもいいわけではなく、作品そのもの、自分の出品している作品全体のラインナップ、競合他者など、様々な要素を鑑みて細かいことを考えながら設定をしていきます。
だって、人により、作品により、異なるんですから。
ほら、私の場合は物により、定形外であったり、レターパックであったり、宅配便であったり、多種多様ですからね。


だからこそ、本講座レッスンはマンツーマンでその人、その作品に合う販売スタイルを作っていくわけですが、そんなこと言っていたらせっかくここまで読んだかいがありません。ですから当たり前ですが忘れがちなワンポイント。
送料込みであることをしっかりアピールすること

しっかりカラクリを設定しても、最後に忘れがちなのが『送料込み』とか『送料無料』を伝えていないことです。
伝えないことは伝わりません。伝えてくださいね。

今週は、体験ワークショップでは開催していない、本講座レッスンでは実施している配送についてをまとめていきます。

ワタシの販売スタイルを作る『配送』の決め方も学べる本講座Lesson

創業支援キャンペーン!

最初の1期(3ヶ月)を通常のお月謝よりプライスダウンして本講座を受講できるようになります。受講内容はクラブの本講座レッスンと変わりはありません。

本講座レッスンはコチラのリンクからご確認いただけます。

締切→2018年3月末日まで。

これまでのハンドメイドから新たなステップへと飛躍したい方。

この機会を逃さずチャンスを掴んでください☆