売れないハンドメイドの改善点(誰に使ってもらいたい?)

マーケティング

『誰に使ってもらいたいのか?』は有りますか?

前回の続き。前の話はコチラから

ハンドメイドを販売しても売れない!
何で売れないんだろう…

『出品』に関することですごく悩みます。

本当に、それだけが原因なんでしょうか。売れない原因は他にあります。

買われない理由
誰に
使ってもらいたい?←今回
何を知ってもらいたい?
どのように?
だれに、なにを、どのように

WHO(誰に)?

あなたが作った作品。

誰に使ってもらいたいですか?

その気持ちが無いんです。

前回に書きましたが、売れない理由は、『ハンドメイドが売れない原因はシンプルで使いたい。と思ってもらえていないから』そして、『作るだけ作って、使い方はお客さま任せというのは作り手として無責任です。作品のトリセツを考え提案しましょう。』

まず考えなければいけないのは、どんな人が使いたいと思ってくれるのか?を考えることです。

なぜ『どんな人』を考える必要があるのか。

それは、『どんな人』に届けたいのか?がハッキリすることで、『どんな人』に伝わるように書いたり、撮ったりするように考え行動するようになり、『どんな人』に知ってもらえるチャンスが広がっていくからです。

欲しいと思ってくれる人に、知ってもらえると、興味を持って聞いてくれます。

だって必要としているから。そして喜んでもらえます。

でもね

欲しいと思っていない人に、一生懸命売ろうとしても売れません。だって必要ないから。逆に嫌煙されてしまうんです。

疲れるし、自分も嫌な気持ちになるでしょう?

あなたの作品、誰に使ってもらいたいのか?考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました