ハンドメイド販売で個人事業主になるということ

ハンドメイドとシゴト

自分の作ったハンドメイドを販売して利益を得る。

ということは、

個人事業主になる。

っていうことなんです。

 

大ごとのように感じるかもしれませんが、

月に30,000円くらいのお小遣いが欲しい。

と、思うなら、

それは確定申告の対象になり得ます。

詳しくは過去記事のこちらをどうぞ

 

確定申告は代表的なことなのですが、

そういった、仕事にしたら何をどうしたらいいの?

ということ。ありますよね。

知らなかったでは済まされない、個人事業主になるということについてまとめます。

私って個人事業主?

 

仕事にすることから派生する責任。わからないことだらけなのですが、

知りませんでした。

では済まされないこともあります。

 

だから、情報を収集することが大事。

 

今はインターネットで何でも調べられます。

『インターネットがわからない…。怖い…。』

インターネット販売を仕事にしようとしているのに、それは矛盾してますよね。

 

仕事にする。と言うことは雇われていても何かしらの責任がありますし、

雇われず、個人事業主として独り立ちするのなら尚更、

その責任は重くもなります。

 

日常でも当たり前の事ですが、

責任のある事、判断・決断しなければいけない事、過信してしまう事、妥協する事、

これらは「信用、信頼」と大きな関わりを持ちます。

 

仕事は「信用・信頼」があって、初めて本格的に動き出す面があります。

信用・信頼が得られる行動をするようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました