ハンドメイド作品が売れないなら手を加えたいこと

ハンドメイドとシゴト

ハンドメイド作品を販売しても売れない。

その解決策として沢山の検索結果と出会うことができます。そのどれも大変貴重。

共通しているのは、小手先の裏技なんかなく、正面から販売と取り組み、時間をかけて取り組むことです。

オーナーズ・トレーニングクラブの本講座レッスンは1年と言う時間をかけて、コツコツと物を売ることを身に付けてもらいます。

販売技術的なことはもちろん、学びを身に付けるのに必要だからですが、なによりも、思考を切り替えるのって時間がかかるからでもあります。

今まで趣味であったハンドメイドを仕事にする。

どんなに意を決していても、やはりギャップが出てきて、整理するには時間がかかります。

その最たるところが、自分の作るハンドメイド作品へのニーズ(需要)を見つけることです。

販売は、欲しい=売りたい

というニーズ(需要)があるから成立する取引です。

ハンドメイド作品を販売したくても、なかなか売れない。その悩みで何をどうすればわからなくなってしまったら、まずはニーズ(需要)を見直してみましょう。

ハンドメイド作品のニーズ(需要)

ニーズ(需要)を考える。

と言うと、非常に難しい問題のように受け取られがちなのですが、その作品を作った時に「こういう時に使ってほしいな」という、あなたの想いはありませんでしたか?

それがニーズ(需要)です。

自分が想った気持ちを、「こういう時に使えますよ」という使い方の提案にすることができます。

そうすると、「こういう時」に使いたいと思って探している人の目に留まりやすくなるんです。

それがニーズ(需要)を考える最初の一歩です。

そして、次のステップはもう一歩踏み込んでみましょう。

「こういう時」をもう少し具体的に表現してください。

なぜなら例えば「こういう時」が『普段使いできます』では、あまりにもざっくりしすぎているでしょう?

ですから、『どういう普段使いなのか』を具体的に伝えることです。

水仕事をしても平気。かもしれません。
汚れても洗濯機で丸洗いできる。かもしれません。
どんなに動き回っても取れない痛くないイヤリング。かもしれません。
保護者会などのちょっとした公の場に身に付けられる。かもしれません。

そうすると、よりニーズ(需要)がありそうな伝わり方になりますよね。

ニーズ(需要)は、作品それぞれで考えることができるので、ストックが多くて何とかしたい。

作りたくて作った作品。

そういった場合でも一つ一つ伝えることができます。

物が売れるのは、お客さまの使いたい。から始まります。

「使いたい」に近づけてあげましょう。

それが売れるハンドメイド作品に近づける一歩です。

タイトルとURLをコピーしました