知っている物と知られない物の売上の違い

ハンドメイドとシゴト

「へー?こんな物があるんだ!買ってみようかな♪」

 

お買い物をしていて

そんな発見から買ったことがある。

 

経験ありませんか?

 

物を買う最初のステップは、

「知る」

です。

 

物を買うには

お客さまはステップを踏んで購入へ至ります。

販売をするのなら知っておくべき

そのステップについて

まとめます。

 

 

購入へのスタートライン「知られる」

 

物を買うまでのお客さまの心理的な動き

・「あ、これいいなぁ」知って、

・「どれどれ?」興味を持ち、

・「欲しいかも」思い、

・「あれ欲しいなー」覚えて、

・「よし!」買う

という流れが一般的です。

 

マーケティング的にはAIDMA(アイドマ)という法則です。

AIDMAのAはAttention(注意/忠告の意味ではない)です。

他にもAISASとかもあるんですが割愛しますけど

何にせよ、初めの一歩は「A」Attention(注意/忠告の意味ではない)から始まります。

 

知ってくれた人全てが買ってくれるのか?

と言うと、そんなことは無いのは何となくわかりますよね。

 

知ってくれた人の中から、

興味を持ってくれる人が残り、

 

興味を持ってくれた人の中から、

欲しい!と思ってくれた人が残り、

 

欲しい!と思ってくれた人の中から、

覚えてくれていた人が残り、

 

覚えていてくれた人の中から

買ってくれる人が生まれます。

 

絞られていくんです。

 

ですから、知ってもらえている絶対数を増やすことが

買われる確率が高くなることになります。

 

知られることが売れるためのスタートライン

 

オーナーズ・トレーニングクラブの合言葉

知らない物は買えない

 

どれくらいの人に知られていますか?

 

タイトルとURLをコピーしました