確定申告の配偶者控除とか配偶者特別控除と私の関係

女性で確定申告というと「(夫の)扶養なんだけど…」という言葉を頻繁に耳にしますが、実際には、その「扶養なんだけど」が直結して関係が有るのは「配偶者控除」「配偶者特別控除」になります。

103万円の壁。
なんて見聞きしたことがある人は多いですよね。それが影響するところです。

2018年度分から変更されていますが壁があることには変わらないのでその壁についてまとめていきます。

配偶者特別控除の壁とは?

納税額が一気に跳ね上がり手取りより税金が増えるため、それ以上は稼がない方が良いよ。

ということです。

配偶者控除の103万円は有名ですが、それをオーバーしてしまっても、次の段階に配偶者特別控除の141万円未満。というのがあったんですね。

この141万円をオーバーすると、納税額が一気に跳ね上がってしまう訳だったんですが2018年度より配偶者特別控除が大幅に変更され141万円が150万円になりました。(配偶者控除の103万円は変わりません)

そして、150万円を超えたら、また一気に税金が跳ね上がるのか?というとそうではなく、201万円まで配偶者特別控除を受けられるようになり、税金は緩やかに上昇していくようになりました。

単純計算ですが従来の141万円未満では11万円程度の所得ですがこれからの201万円未満では16万円程度の所得となります。

この16万円という数字。とっても大きな意味のある数字でハンドメイド販売でミンネといった販売サービスを利用していく場合と、自分でネットショップを運営していく場合のランニングコスト(販売手数料など)を算出した時、どちらがコストを抑えられるか?を見ると16万円程度になると多少のプラスマイナスがあっても年間通して安定した運営ができる数字です。

月に16万円というゴールを最初の大きな目安にすると良いですよ。

なお、税金が高くなる壁については配偶者控除や配偶者特別控除では上記のようになりましたがその他の項目(社会保険など)ではまだ残っています。

また、納税者本人の所得によっても変わりますので詳しいことは専門家に相談してくださいね。

販売に関わる身近な数字といえば販売価格です。その数字と仲良くなる最初のスタートラインに立てるワークショップ「値段設定/商品写真」です。

<関連記事>
確定申告。するの?しなくていいの?
扶養の場合の確定申告。
会社員やバイトやパートなど他の収入がある場合の確定申告。
配偶者控除とか配偶者特別控除の確定申告。←今回
青か?白か?の確定申告。

タイトルとURLをコピーしました