確定申告。するの?しなくていいの?私はどっち??

ショップ運営

この時期になるとワークショップ本講座のレッスンでも質問が多くなる確定申告。

メルマガでも何度か書いていますが、身近なようで身近でないことからなかなか頭に入りにくい事柄でもありますので今年もまとめていきますね。

確定申告をしなければいけないのか?しなくてもいいのか?

まずはそこが一番わからないスタートラインです。

「あなた確定申告してくださいね」って通知が来るわけではないのでどうすればいいのかわからないですよね。

そもそも国民の三大義務に「教育・勤労・納税」があります。

確定申告は1月から12月までに得た所得(収入-経費)を計算し納税額を確定させることで、そのいかんによっては「納税」が必要になります。

ですから、義務なのでやらなくてはいけない。と言うのが基本的な考え方。ただし、やらなくてもいい場合がある。という解釈でいるとわかりやすいです。(会社員は会社が代理で手続きをやってくれていて、会社からしか収入がない人が多いので確定申告をしなくていい人が多い。というだけです。)

やらなくてもいい場合とはどういう時か?で考えるよりも、やらなくてはいけない時はどうなった時か?で考えましょう。だって収入を得ていきたいのであれば、納税は絶対的に切っても切れないお付き合いになるからです。

確定申告が必要になる場合とは?

年間所得が38万円以上ある。(ハンドメイドの販売だけで利益がある場合)
給与所得があり、年間所得が20万円以上ある。(会社員やバイトやパート、不動産などあって、ハンドメイドでもある場合)

上記2点です。

そこに、扶養だから…といったオプションが関わってくるので複雑化してしまうんですね。まずは、自分は扶養に入っているから。とか、会社勤めだから。と言う考えを横において置いてハンドメイドを販売することで年間所得がいくらあるのか?を数字にしてください。

ちなみに、「所得」とは、収入-経費です。売上ではありません。ザックリ例えると、

1,000円で売れた(←これが売上)作品から、送料や材料費等(←これが経費)を引いて残った数字が「所得」です。

※経費って何が経費で何が経費じゃないの?についてはワークショップ「値段設定/商品写真」でもお伝えできます。これも経費でイイんだ!ってことがわかりますよ。

本題です。自分は確定申告をしなくてはいけないのかどうか?その答えは、数字を出して数字を把握することです。

<関連記事>
確定申告。するの?しなくていいの?←今回
扶養の場合の確定申告
会社員やバイトやパートなど他の収入がある場合の確定申告。
配偶者控除とか配偶者特別控除の確定申告。
青か?白か?の確定申告。

タイトルとURLをコピーしました