ハンドメイドレビューにクレームが書かれたときの対処

インターネット売買

レビューは公開されているので、購入を考えている他のお客さまが参考にしたりすることもあります。

嬉しいことばかり書かれていればいいのですが「ちょっと一言」的な内容が書かれてしまうこともあります。

自分のモチベーションも下がりますし、人からの見られ方も気なりますし、売上への影響も気になります。

誰からも見られるレビューに「ちょっと一言」的なクレームが書かれてしまったらどうするか?

その対処法をまとめてきます。

実は、有って嬉しい、無くて平和。そんな諸刃な剣なレビューについてまとめていきます。

前回の続き。前の話はコチラから。

レビュー有無の購入への影響
ハンドメイドレビューを書いてもらうには
ハンドメイドレビューが負担
ハンドメイドレビューにクレームが書かれたときの対処←今回
ハンドメイドレビューに隠された本音と建前

クレームへの対処することは5つです。

1.真摯に受け止めて、
2.丁寧にあやまり、
3.指摘してくださったことへの感謝を表し、
4.指摘された点への明確な改善方法を提示して、
5.実際にスグに決行する

まずしっかり受け止めることです。

自分に不備のないことだと受け入れられにくいですが指摘されたことは事実ですので謝罪はシッカリしてください。

自分ではわからなかった点をわざわざ丁寧にも入力する時間を使って指摘してくれたと考え方を切り替えればそれはお礼すべきことですよね。

もしかしたら同じことを思う人が居るかもしれないので改善はスグに考え、行動に移してください。

レビューに書かれてしまったクレームは他の人も見ますので見られることを意識して、真摯な対応を見せることで大きなダメージにはなりません。

みんなが見るところにわざわざ書かなくても…

ショックで気持ちが落ち着かずざわつきますが、販売。特にインターネットでの販売は、今までの自分がいた社会から飛び出した世界です。

自分と同じ価値観を持つ人ではない人たちとのお付き合いとなりますので「こういう世界もあるんだな」という社会科見学の気持ちでいると受け止めやすくなります。

ショックで何もできない。と言うのは避けなければいけませんので、社会科見学、社会勉強。同じことは繰り返さない。

そうやって心を強くしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました