ハンドメイドレビューが負担

インターネット売買

書いてもらえないことが、だんだん不安になってきて、それが負担。
と言う方と、
書いてもらえるんだけれど、返事を書くことが負担。
と言う方。

2大負担でそれぞれ悩まれていらっしゃいます。
隣の芝は青く見えるので、それぞれがお互いを羨ましいと思う悩みですね。

実は、有って嬉しい、無くて平和。そんな諸刃な剣なレビューについてまとめていきます。

前回の続き。前の話はコチラから。

レビュー有無の購入への影響
ハンドメイドレビューを書いてもらうには
ハンドメイドレビューが負担←今回
ハンドメイドレビューにクレームが書かれたときの対処
ハンドメイドレビューに隠された本音と建前

負担になるなら、やめちゃいましょう。

それが答えです。


【レビューが書かれないことを悩むのが負担】

というのは、なぜ負担なのでしょうか?

人からの評価を気にしているから負担なのではないですか?

レビューで書かれることは嬉しいことだけではありません。書かれていればいるほど、書かれやすいという事実はあります。だから便乗して、「ちょっと一言」的なことを書かれてしまうことだってあります。

レビューが書かれないことで悩みそのことが負担になってしまうのに「ちょっと一言」的なことが書き込まれたらモチベーションは保てますか?

便りがないのは元気な証。

書かれないのは不満のない証拠と受け取りましょう。


【レビューへの返事が負担】

無理をして続かなくなることが一番ダメなことです。負担に感じるのであれば無理に書き続ける必要はありません。とは言え、書いてくださった気持ちは汲み取ってください。

「お返事にまで手が回らず申し訳ありません。すべて目を通し制作への糧とさせていただいております」

といったような一文を必ず、誰もが目にしやすいところに掲載しましょう。

返事を書いても、それが定型文で全て同じ。または、数パターンを使いまわし。というのでは逆効果で「お返事がもらえた!」という感動を味気ないものにしてしまいます。


思い悩まない。無理をしない。

良い意味で手を抜きましょう。

タイトルとURLをコピーしました