ハンドメイドがネットで売れテク5つの取り組み(作品説明)

ワークショップに参加した後、

ワークショップで学んだことを取り入れたら売れたんです!」

本講座のレッスンで、そう話してくれた生徒さんが居ました。

 

ネット販売で、どうすれば売れるようになる?

 

ワークショップでは、その疑問を解決できるネット販売の基本的なことを

タイトル/作品説明欄

値段設定/商品写真

の2つの講座に分けてお伝えしています。

 

物を売るのに、まずは頑張らないといけないところですが

ワークショップでお伝えしていること以外でも

ネット販売で売れるようになるために力を入れたいところがありますので

売れテクためのポイントをまとめていきます。

 

月曜日は「作品」。

火曜日は「商品写真」。

昨日の水曜日は「販売価格」。

今日の木曜日は「作品説明」です。

ネット販売で頑張りたい5つのポイント

 

5つのポイントは以下の通りです。

1.作品

2.商品写真

3.販売価格

4.作品説明

5.集客

 

各項目はそれぞれ長くなるので詳細は1つずつまとめていきます。

今日は「4.作品説明」です。

 

作品説明は、ワークショップを開催しているくらい

書けない!何を書けばいい!!

文字通り頭を抱えている人が多いです。

 

作文や論文といった、長文を書くことから離れて久しい場合は特に、

簡単に書けなくて当たり前です。

 

だからこそ、書き方のコツが必要。

そしてそれは

インターネットというシステム的なことを汲んだ書き方が望ましいんです。

買われるためにはね。

 

そのための説明をしているのがワークショップです。

なので端折ります。

興味のある方はお申込みください。

別に意地悪しているわけではなく、

ワークショップでお伝えしていることだって一部でしかないんです。

 

今回は別の視点からまとめていきますが、

それは書き方云々の前に、

商品写真で見ればわかることばかりを書いてはダメ

ということです。

 

商品説明というのは、作品その物を語源化しなければいけないんですが

見ればわかる視覚情報というのは写真で補えるんです。

ですから、写真では伝わりずらいところを補うことがポイント。

それは、視覚だけでは誤解が生じやすい

サイズや色と言ったスペック情報はもちろんですが

それだけでは事務的になりやすいので、

意識して書きたいところが五感です。

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚ですね。

 

作品にもよるので、五感全てが必要ではないですが

触覚なんていうのは書きやすいでしょうか。

特に布物を扱っている人は書き込みやすいですね。

また、嗅覚によるトラブルは案外あります。

塗料や接着剤などを使っていたりすると嗅ぎなれない人には微量でも異臭と間違われてしまいます。

そういう注意事項を書いておくとトラブルを回避することもできます。

 

五感を意識して、取り入れて、作品説明を書いてみてくださいね。

 

明日は「集客」についてです。