インターネット販売の弱みを強みに変える

物が溢れ、成熟した社会に暮らす今のお客さまは

「購入したその物以外の満足」があると買われやすくなります。

そのために必要な5つの要素(経験価値マーケティング)

感覚、情緒、創造、行動、関係

 

昨日の月曜日は「今のお客さまに合う買われやすさ」でした。

バックナンバーはコチラから。PASSはメルマガ下部にあります)

火曜日の今日は「感覚」についてです。

感覚とは五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)の事です。

 

五感を伝えることで

インターネット販売の弱点ともいえる

実際に手に取って買い物ができない。

を補うことができます。

 

そのためには五感を表現できなければなりません。

 

視覚…は、写真があります。

お客さまが見たいと思うところを見せてあげることができます。

ですから、それ以外の4つをどうやって表現するか?

ですよね。

 

商品にもよるので、4つ全てを盛り込む必要はありません。

[user:lastname | default:reader]さんの商品に必要と思う五感を表現してください。

 

表現は作品説明などに書きこんで伝えましょう。

文字にすると言葉に悩みますが

飾らない言葉の方が伝わりやすいです。

擬音や擬態語を使うと表現しやすく伝わりやすいですよ。

 

さらさら、ざらざら、つるつる、ぴかぴか、ぷっくり、

サラサラ、ザラザラ、ツルツル、ピカピカ、プックリ、

平仮名とカタカナでも印象が変わります。

 

そういった変化も上手に取り入れていくと

実際に手に取れない。というマイナスを

表現が面白い!

その擬音、擬態語が販売(商品)の特徴になる。

なんていうプラスの要素に働くかもしれません。

 

作品の五感を意識するようにしてくださいね。