簡単なのに嫌味じゃない。スマートなハンドメイド代金の貰い方

インターネット販売でハンドメイド代金を請求する。

 

ミンネやメルカリといった販売サービスを利用していると

自動なので必要ありませんが

個人間取引になると自分がやらなくてはいけなくなります。

 

その時になってみると

そのタイミングの難しさ、文章の書き方、など

地味に苦痛なのを体感します。

簡単にできて

スマートな

請求の方法についてまとめます。

 

お金の請求はビジネスライクに対応するのが一番です。

感情を入れるとなぁなぁになりやすいから。

ここで、これを、お伝えする

という流れとやることが決まっているようにします。

販売の流れ

(私のバージョンですので適度にアレンジしてください)

 

読みにくかったらごめんなさい。

ズームなどで見てくださいね。

 

ずらずら~っと全体図です。

こうやって見ると長いですね…

 

流れは大きく4つのグループになります。(表の右側)

「販売意思の確認」「事前打ち合わせ」「制作」「事後対応」

 

制作を受けると、制作以外の項目の方が多いんです。

そして一番大事なのは「事前打ち合わせ」。

ココがしっかりできていないと、制作に響きます。

オーダーメイドの場合は特にですが

制作時には、途中経過をお客さまには見せません。

修正が入ると厄介です。

「事前打ち合わせ」の段階で

お客さまに完成形を同じ認識に持ってくることが大切。

私の場合は完成形からの修正は2回までにしていましたが

作品によっては修正ができない場合もありますので

いかに、お客さまと自分の完成形のイメージを同じにするか?

制作前の綿密な打ち合わせが大切です。

 

取引でのトラブルって

お客さまが、

売買の流れ全体がわからない不安から発生します。

それが自分もわからないとなれば尚更です。

 

自分なりの売買取引の流れを持ちましょう。

それをお互いが認識することで

スマートにハンドメイド代金を請求できる方法です。