自分にしかできないハンドメイドとはなんだろう?

ものづくり と あきない

について

ドキュメンタリー映画「74歳のペリカンはパンを売る」を観て

気づきをまとめて書いていきます。

詳しくは土曜日の記事

 

おとといは「楽しむ」ことについて。

昨日は「理念」について。

今日は、「研究実行」についてです。

 

自分の理念を達成するためには

どの様な運営をすることが望ましいのか。

そのために研究するべきこと、実行することとは?

 

まとめました。

研究実行するにあたり、

考える3つのことがあります。

 

Who(誰に)→ターゲットとすべきお客さまは?

What(何を)→ターゲットのお客さまが求めているニーズは?

How(どのように)→自分ができることでニーズに応えられることは?

です。

 

ペリカンというパン屋さんの場合、

町のパン屋さん。という理念を達成するために、

Who→近所のお客さま。

What→毎日食すパンが欲しい。

How→毎日同じパンを買えるようにする。

ということが考えられます。

(そうだったのではないか?という私の想定です)

 

そこから研究と実行です。

 

開店当初は普通に菓子パンも取り揃えていたそうですが

実質2種類(食パンとロールパン)に絞ると決めた背景には

「毎日同じパンを買えるようにするためにはどうすればいいのか?」

を考え、

「毎日食べるパンってなんだ?

あ、食パンとかロールパンといったオーソドックスなパンか。→研究

なら菓子パンは止めて、その2つだけ作るようにすればいい。→実行」

という研究と実行ではないでしょうか。

(そうだったのではないか?という私の想定です)

 

4代目の現店主は

「そうすることで、他と争わずに利益を出していく。と考えたのではないか?」

と話します。

 

マーケティング的な言葉を使うと、

差別化と集中。となります。

 

ペリカンの経営は特別。

ほかの店が同じことをやっても成功はしないだろう。

と言われていました。

 

それはパン職人の人も同じことを言っています。

「人と同じことをやっても勝てない。他と違うことをやらなければ。」

 

あなたにしか出来ない事。提供できないことはなんですか?