値段は安く始めて高くしていく?ハンドメイドの売り方

販売を始めた頃は

まだクオリティにも、販売そのものにも自信がないし、

趣味の延長線みたいな感覚だから

販売価格は安く売りだしてしまいがちです。

 

それは一番ダメな売り方です。

 

ネットでの販売は履歴が残り

それは誰でも見ることができる状態であることがほとんどです。

 

なぜならそれが販売実績として信用にもなるから。

 

前は安く設定していたのに今は高くなっていることがわかると

あまり良い印象に受け取られません。

ではどうすればいいのでしょう?

せめて販売するサービスを変えるべきです。

そしてそこを「他での販売実績多数あり」として

お客さまに安心感を与えられるようにしましょう。

 

一番の理想的な販売は

元から自分の販売ゾーンを定めて販売を開始することです。

 

そうすると、そこに見合うお客さまが買ってくださるから。

 

そのためにも、

クオリティや相場を冷静に分析把握し、

自分の作品の販売価格に

説明できる筋道と理由をハッキリさせ、

そこから生まれる自信をもって販売に取り組むようにしましょう。

 

販売価格をころころ変えるのは

所詮趣味か。

と思われる信用問題です。