嫌われてる?ハンドメイド販売でのマーケティング

ハンドメイドを販売するのにマーケティングですか?

 

と、嫌悪感を抱く方はこの先は読み進めないでください。

気分を害されるでしょう。

 

さて、物を売るなら

マーケティングは学んで当然ですが

とかくハンドメイドでは否定的な意見が目立ちます。

 

趣味の色が強い業界だからかな?

好きな物を作って楽しく仕事にしたい♪から?

良い物を作れば売れる。傾向の流れ?

 

マーケティングは敬遠されがち。

な空気を感じ取ることができます。

 

ハンドメイドだから特別ではないんですけれどね…

マーケティングとは、

『企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。』

wikipedia抜粋

 

要は、「物を円滑に消費者に届ける仕組み」

 

儲ける。とか、稼ぐ。とか、ガッポリ。とか

効率的。とか、計画的。とか、

奥ゆかしい女性が嫌煙しがちな言葉が連想されやすい。

 

でもね

「ハンドメイドにマーケティングは必要ありません」

なんて、耳に良い言葉で物が売れるようになったら

商業を学ぶ必要なんか世の中からなくなります。

 

ハンドメイド品を売る事だって物を消費者に届ける流れです。

特別なんてことはありません。

 

物が溢れている今の日本では

良い物を作れば売れる。という職人気質だけでは物は売れません。

だってminneやcreemaを見てください。

欲しい!と思う素敵な物は選びたい放題なほどたくさんあります。

そこから一歩抜きに出るには

売れていくための知識を身に付けなければ埋もれてしまうんです。

 

ハンドメイドには、ハンドメイドに合うマーケティングがあります。

そして、その作品に合う方法、その人に合う方法、というのがあります。

ハンドメイド品がオリジナル性が高い品であるのと同じように

販売方法だって人それぞれのオリジナルの方法があります。

 

耳障りの良い言葉に惑わされることなく販売と向き合いましょう。

 

 

自分に合う販売スタイルを作るマーケティングを学べるのは

オーナーズ・トレーニングクラブだけですよ。