グループ活動を継続させるにはモデルを探すと上手くいく

昨年(2016)年の初め、衝撃的なニュースが日本中を駆け巡りました。

 

一時は元さやに納まったかのようなことにもなりましたが

結局は年内での解散が発表され

惜しまれつつ、そして今年(2017)にもまだその余波が取りざたされるSMAP解散。

 

グループでの活動というのは解散という事態が必ず話にあがります。

 

表面上はうまくいっていても、

その裏では解散という話が話題になる。なったことがある。というのは

後々になってよく聞く話です。

 

ハンドメイドでは複数人(グループ)での活動をされている方も多く居ます。

上手にグループ活動を運営していくには

テレビなどでよく目にすることの多い

アイドルやバンドといったグループをモデリングして運営していくと

比較的、やりやすいので、ぜひ、そういう目線で活動を見る機会を設けてみてください。

なぜ、アイドルやグループをモデリングすると良いのか。

それはとあるバンドの話を聞いたことがきっかけです。

 

我が家は、頭はオオカミ、体は人間。という風体でバンド活動をしている

MAN WITH A MISSION

というロックバンドが好きなんです。

そのバンドでは、その設定上(?)おしゃべりができるのは1匹(人)の狼(?)だけなんです。

過去に聖飢魔Ⅱのデーモン閣下が、そのおしゃべりができるオオカミに、

「話せるのが1匹(人)っていうのは正解だよな。(長くバンドやっていると)色々あるからな」

と、お話をしたそうなんですね。

その話がどこか頭に引っかかり、

そのバンドの活動を、バンドではなくグループとしての活動といった目で追っていくと

様々なルールが見えてきました。

ルールをルールと見せず、世界観として設定していくというのは、立派なブランディングで

さすが芸能界というところですが、

「おしゃべりは1人だけ。」というのも本来の理由は知りませんが、

それが継続に一役買っているのなら彼らのグループには合っているルールなわけです。

 

こういったグループごとの特徴であったり組織的なことって

参考にできるところは参考にしたいですね。

 

別にアイドルやロックバンドじゃなくてもいいんです。

グループで活動している人たちをモデリングするというのは

グループで活動をしてくためには参考になることがたくさんあります。

 

自分たちのグループ活動に置き換え

どういったやり方がやりやすいのかを探していきましょう。