ハンドメイド販売でマーケティングを取り入れることに抵抗がある

計算高い

あまり良い印象のことばではありませんね。

 

計画的

クールな印象?計算高い。よりはマシですが

人によっては良い印象を持たないかもしれません。

 

ハンドメイドを売ることにマーケティングを取り入れましょう。

と言うと「考えつくす行動」に結びつくことに眉を顰める体があります。

 

気持ちが込められた品だから

売るための手段ではなく、気持ちで買ってもらいたい。

 

その気持ちはわからないでもないですが

物を売るということは夢物語ではなく現実。

夢物語を現実にしたければ「考えつくす行動」が大切です。

マーケティングって言うと抵抗があるのなら、

良い物だから、多くの人に伝えてあげる手段と捉えましょう。

 

そうじゃないと、作品がかわいそうです。

 

それをできるのは他でもない。自分だけ。

人にお願いすることもできますが

それはビジネスになりますのでお金もかかります。

 

多くの人に伝えることができる手法がマーケティングです。

物を売る仕組みでもありますが

それは同時に、多くの人に知ってもらえる手法でもあります。

 

良い物だから、良いということを伝えようとしなければ伝わりません。

良いということをより伝えられるようになるためには

マーケティングの手法を用いるのが一番伝わりやすいのです。