作品の良さを理解することが 売れるようになるはじめの一歩

ハンドメイドでは、

作っていたら出来ちゃった。

勢いで出来ちゃった。

強いこだわりがある。

こういった経緯を持つ作品と言うのは多くあります。

 

そしてそれらは、往々にして作家のお気に入り。だったりします。

 

趣味でハンドメイドを楽しんでいる分には、

こういった制作と言うのは何も問題はありません。

しかしそれを売るとなるならば、

その経緯は大問題となります。

なぜなら、購入するに足りうるアピールポイントがないからです。

 

物が溢れている時代。

遠く離れていてもオンラインでスグに買い物ができる時代。

買う必要のない物は売れません。

 

気に入っている品だからこそ、売れ残ってしまうのは悲しい。

ぜひとも売れてほしい。

欲しい!と思わず購入ボタンをタップされるには

お客さまへの働きかけ方がポイントになってきます。

 

お客さまへの購買行動への働きかけとは、一般に

セールスプロモーション。(販売促進活動)となります。

いっきに、

面倒くさそう。大ごとになりそう。怪しそう…

そんな感想を抱くかもしれません。

でもね。実はこれ、作品を出品するのなら必ずしている行動でもあります。

「タイトル」「作品紹介」で、その商品についてを説明することです。

その商品についてをお客さまに伝えようとしているのですから

立派なセールスプロモーション。

ただ、コレはできていなければいけないことがあります。

それは昨日までのブログで書いてきました。

作品のことを、

理解すること。説明ができるようにすること。

です。

コピーライティングであったりコンセプトであったり、

上手に伝える術というのは、

良さを理解できてこそ、考えることができるようになることです。

できなければ文字化、語源化、視覚化することはできないので

伝わることはありません。

売れない。と悩んだら、

その作品を、感覚ではなく文字化、語源化、視覚化として

理解するところから始めてみましょう。