売れるためには作品の特性を理解する

作った作品が、お客さまの手に届くまで、

どんな道のりでしょうか。

制作→出品→購入

シンプルに考えるとこの流れでしょうか。

この流れをもっと細かくすることで

売れるようになるためのヒントを見つけることができます。

制作→出品→購入

この流れで最も取り組まなくてはいけないところが

制作→出品

になります。

 

制作から出品の間はもっと細かくすることができます。

ざっと2つのことがあり、

「商品特性を理解すること」

「セールスプロモーション、パブリシティ活動をすること」

 

難しいですが、

その作品の良いところ、アピールポイントを理解して、

理解できたことを文字化・語源化・視覚化させ世に知らしめましょう

ということです。

 

昨日のメルマガでも書きましたが、

その作品のことを理解できていなければ、

文字化も、語源化も、視覚化も

できないんです。

 

伝えるべきことが分からなければ、伝えることが分からないからです。

 

お客さまは、

売る側が発する「伝えるべきこと」からその品を知ることができ

「伝えるべきこと」を理解することで欲しいと思うようになります。

 

だからこそ、自分が一番に、その作品のことを理解することです。

説明できるようになりましょう。

 

それが自分のハンドメイド作品の、他にはない自分だけの強みになるかもしれません。