緊急特集!デザフェス出展(心構え編)

今週末はデザインフェスタですね。

 

ハンドメイド関係のSNSの投稿や、

開催しているワークショップでも、

デザフェスの話題を多く目にし、耳にします。

 

このメルマガをご購読の方の中でも

出展を予定されている方がいらっしゃいますね。

 

最後の追い上げで寝る間も惜しんで準備をされているかな?

 

せっかく出展するのなら、

ひとつでも多く売りたい。

と思うのが心情。

そこで、今日と明日は

緊急特集!デザフェスでの売り方!!

要は、売れる出展についてまとめていきますね。

 

心構え編。と、当日行動編。

に分けてお届けします。

 

今日は心構え編です。

 

心構え。

それはモノを売るという販売では当たり前の事なのですが

お客さまあっての売買だということを胸に刻みましょう。

 

お客さまは神様です。

そこまでする必要はありません。

売る側にだってお客さまを選ぶ権利はあります。

しかし、お客さまを見ない、なおざりにするのは違います。

 

モノを売ることを慣れていない人、そして、コミュニケーションが苦手な人は

ついついお客さまが来るのを待ってしまう傾向があります。

思い返してみてください。デザフェスはとっても大きな会場ですので、

お客さまだって回るのに1日がかり。

1度通った通路にもう一度訪れる可能性は非常に低いです。

だって他も見たいし、疲れちゃっているから。

 

今、ブースの前を通って、

商品を見てくれた、興味を持ってくれたように感じたお客さまを逃さないようにしましょう。

見てくれた人が全員買ってくれるわけではないのですから

見てくれる人を増やすことが大切なんです。

 

そのためにも、当日はブース内で制作はしない。

品数は当日までに用意するのは当然です。

ブースで制作している姿がカッコいいと感じてしまう気持ちはわかります。

しかしそれはそれだけの知名度があり、

あなたに会いたい。直接商品を見て買いたい。制作している姿が見たい。

この機会を逃したくないと思ってくれる固定のお客さまが居て成り立つ姿です。

 

お客として立場としても、そういうブースって立ち寄りにくいんですよ。

ぽつん。と、そこだけ誰も立ち寄ってくれないブースなんて、外から見ていても寂しい…

それは嫌ですねー。

 

自信をもって、前を向いて、胸を張って、

通路を通るお客さまをお迎えする気持ちでブースでお店番をできるよう、

今から気持ち(と、出展準備)を整えてくださいね。

 

明日は当日行動編です。

お楽しみに☆