内緒のハンドメイド販売でSNS投稿

日本の企業は、副業を禁止していることが多いので

ハンドメイドを仕事にしたくても

本業との兼ね合いで大っぴらにはできない。

とか、

安定的な販売ができるようになったら

(販売の土台が固まったら)

本業に移行していく。

とか、

家族や知人(お教室、先生)との兼ね合いでオープンに出来ない。

とか、

様々な事情で

販売の仕事を公にはできない方もいらっしゃいますよね。

 

出品し販売されるだけならば

気を付けるところは確定申告ぐらいで

ひっそりと続けていけるところですが、

人のSNSで紹介されちゃったとか、

SNSでの発信はしていきたいとか、

一歩進んだことをしたいことだってありますよね。

 

オープンにできない人が、上手にSNSとお付き合いをするにはどうすればいいか?

をまとめていきます。

 

当たり前ですが、顔出しはNGです。

投稿写真はそれでもいいのですが

問題はプロフィール写真。

 

ついつい商品のアップとかってなりやすいのですが、それはダメ。

顔がわからない(映らない)自分の写真を使ってください。

 

なぜなら、「こういう人」というイメージだけでも伝わるからです。

イメージすら伝わらないって、

信頼、信用、親近感が沸かないのでマイナスでしかないです。

 

やり方は工夫次第で色々あって、

  • 大きなつばの帽子で顔が見えない。とか、
  • 逆光で見えない。とか、
  • 後姿。遠目とか、
  • すっごくドレスアップする。とか、
  • 着ぐるみ被る。(キャラ設定をシッカリとします)とか…

とにかく、投稿者のイメージが掴んでもらいやすい写真がいいです。

こう見ると結構、顔を出さない方法ってありますね。(^^)

 

名前は、作家名(ビジネスネーム)でも屋号なんかにしましょうね。

間違っても、本名はダメですよ。

 

販売を仕事にするには、

出品という作業だけでは限度があります。

広く知ってもらうためにもSNSの利用は手を付けていかなくてはいけません。

 

公にできるようになってからでは遅いんです。

理由はわかりますよね。

知ってもらうには時間がかかるから。

 

本業としてシフトチェンジができるようになった時点で、

ある程度の認知度がなくてはエンストしてしまいます。

 

ハンドメイドを本業としていきたいからこそ、

副業の時点で土台を固めておきましょう。

 

できないと決めつけていたら、何もできません。

創意工夫で抜け道を探しましょう。

カテゴリー: SNS