ズバリ!売れる物と売れにくい物

自分で制作したハンドメイド品。

販売を始めるにあたって、何を売ろうか悩み、考え、

これにしよう!と決めて出品をされる方は多いですよね。

 

「何が売れるでしょう?」

そういった質問をされることが有りますが、

ズバリ!お答えすると、

「わかりません!」

 

なぜなら、

作品自体や雰囲気、見せ方や伝え方、

そういったことを、どうしたいのか?

 

作品を買ってくださるお客さまは

どういた方を想定しているのか?

 

こういったことが関係してくるので

「これが売れますよ」

というアドバイスは軽々にはできないんです。

 

自分の作品ですから、

自分の作品をどうしたいのか?

は、自分で決めなければいけません。

 

その方向性をどうやって導き出していくか。

それはできますので

ご興味のある方はオーナーズ・トレーニングクラブへお問い合わせください。(^^)

http://sun-rings.com/

 

とは言え、

まったくアドバイスできないか?

というと、そんなこともありません。(^^)

 

 

ズバリ!!

年間通して、毎日使う物は売れます。

 

PTAでのバザーの話になりますが、

子供が(学校でも)使う物。

という制作コンセプトがあります。

 

ペンケース、エプロン、ランチョンマット、上履き袋、体育着袋、通学バック

などなど

バザーの定番が並びます。

 

この中で、

購入に枚数制限がかかり、

毎年、買い求める人が絶えないのは何か?

 

ズバリ!!!

 

ランチョンマットです。

給食は毎日ありますし、洗い替えが欲しいですよね。

 

その他のは欲する学年がばらけてしまうんです。

 

そして、もう一つ。

お客さまの要望を取り入れて好評な理由。

 

それは

男の子向けがあるんです。(^^)

 

学校用品って、男の子のって少ないんですよね。

あっても低学年向けで

かっこつけたがる高学年ともなると拒否されてしまう。

 

そういったことから

毎年、購入希望者が絶えない

人気商品として不動の地位を保っています。

 

バザーの場合は

リアルでの販売ですし、

出店実績もあり、

学校と言う看板を背負って販売をしています。

 

個人が同じようにやれば売れる。

と言うことはありませんが、

「欲しいものがあるから売れる」

ということには変わりはありません。

 

自分の作品を照らし合わせて、

販売するものを考えてみましょう。